有機栽培,有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用!,100%田七人参粉末,【送料無料】田七人参末,100%田七人参粉末,オーガニック,www.odontomedicas.com,その他,500g,/illiberalness916377.html,有機栽培,15552円,オーガニック 15552円 有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用! 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 【送料無料】田七人参末 500g 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック その他 大放出セール 有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 500g 田七人参末 送料無料 有機栽培,有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用!,100%田七人参粉末,【送料無料】田七人参末,100%田七人参粉末,オーガニック,www.odontomedicas.com,その他,500g,/illiberalness916377.html,有機栽培,15552円,オーガニック 15552円 有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用! 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 【送料無料】田七人参末 500g 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック その他 大放出セール 有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 500g 田七人参末 送料無料

大放出セール 有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用 店舗 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 500g 田七人参末 送料無料

有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用! 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 【送料無料】田七人参末 500g 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック

15552円

有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用! 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 【送料無料】田七人参末 500g 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック



田七人参とは??

田七人参は主に食物繊維、15種類のサポニン、ビタミンA・B、フラボノイド、アミノ酸、鉄分、カルシウムがバランスよく含まれています。
特にサポニンの含有量が多く、高麗人参の数十倍の量が含まれています。

田七人参

田七はウコギ科人参属の多年生草本で、種をまいてから3年ないし7年でやっと収穫できるため三七とよばれたり、その葉が人参のものとよく似ているために中国山人参ともよばれています。
人参属の中でもとびきりの貴重品として扱われてきました。
またその貴重さゆえに金でもかえることができないという意味から「金不換」という別名まであるほどです。
栽培にも様々な条件が課せられている田七は適した土地が少なく、中国南部の雲南省や広西省が主な産地になっています。

商品名田七人参末 (有機JAS認定)
内容量500g
原材料田七人参(中国)
販売者大晃生薬有限会社
お召し上がり方栄養補助食品として一日、添付のサジすり切り6杯(4.5g)を目安に
できるだけ数回に分けて、水またはお湯にて
お召し上がり下さい。
最初は少量から始めていただき、自分の適量で増減してください。
  (添付のサジは、すり切り一杯で約0.75gです)
ご注意事項品質保持のため、直射日光及び高温多湿を避けて保存してください
広告文責有限会社 薬の山下薬局 TEL : 0120-40-5599
区分日本製・健康食品

有機JAS認定取得の中国雲南省農家が有機栽培した田七人参を使用! 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック 【送料無料】田七人参末 500g 100%田七人参粉末 有機栽培 オーガニック

インフォメーション

2020年度実績
5,646
2021年度実績
3,819
リフォーム・・・
2,493
塗装工事・・・
186
下水道工事・・・
1,140

( 2021年1月〜8月末現在 )

以前お付き合いしたお客様からの
リピート率が高いのが、創研の特徴です。

こんにちは。社長の鈴木 優です。

リフォームを考えるお客様は、
まず「どのリフォーム会社に頼むか」で悩まれます。
このホームページをご覧になっている方の多くも、
「創研とはどんな会社か」とお思いでしょう。

このページでは、
会社の歴史と私の思いを綴ってみました。
創研という会社の一端を、
少しでもお伝えできれば幸いです。

水道の工事会社として出発した創研は、
1994年にリフォーム部門を立ち上げました。
水道工事をしていると、
たびたびお客様から「創研でリフォーム工事はできないの」と
聞かれたのがきっかけです。